製薬会社いたばさみ管理職のブログ

   製薬業界で生きるサラリーマの日常を描きます。MRの未来を明るくしたい。

【お役立ち情報】確定申告「変更ポイント」6つの注意点まとめ

f:id:kyoma0824:20210130200227j:plain
今年も確定申告の時期がやって参りました。

医療費、株取引、不動産収入などなど色々あると思います。

 

私は今週末から取り組みますが、

事前に注意すべき点などを確認しましたのでまとめてみました。

 

確定申告改定ポイント

今年注意するのは次の6つです。

①すべての人に関係する基礎控除の改正⇒減税
②給与やアルバイト収入のある人に関係する改正⇒増税
③年金をもらっている人に関係する改正⇒増税
青色申告をしている人に関係する改正⇒増税の場合あり
寡婦、ひとり親の人に関係する改正⇒減税または増税
⑥配偶者、扶養家族に関係する改正⇒減税の場合あり

改正による影響

・②③で増税となりますが①で減税となる。

 増減なく変わらない人が多い改正

 

・個人事業・不動産賃貸業は①で減税となる。

 青色申告者はe-Taxを使って申告しないと増税となる④の改正

 

・未婚のひとり親の方、寡夫の方は、⑤の改正により減税となる。

 

・⑥は控除対象になる人の範囲が広がるため、場合によっては減税となる。

 

①すべての人に関係する基礎控除の改正

改正点の1つ目:基礎控除です。

申告する人すべてに関わってくる控除なので注意が必要です。

従来、基礎控除の金額は38万円でしたが、今年のからは48万円となります。

10万円引き上げなおで例年申告している方は、昨年分と金額が違います!

基礎控除は、所得から引くこと(控除)のできる項目(所得控除)なので、多いと税金面では有利です。

(注意)通常は減税となりますが、合計所得が2400万円を超える方は、控除額が段階的に引き下げられ、増税となります!

 

②給与やアルバイト収入のある人に関係する改正

年収850万円以上の方は増税になります。

改正点の2つ目:給料やアルバイト・パート収入に関係する改正です。

大きく2つあります。

ただし、年末調整を受けた方は、会社がすでに改正内容で給与所得を計算しています。

 

1つ目 給与所得控除額の引き下げ(給与所得控除額の改正)

・年収850万円以下の人は給与所得控除額が一律10万円引き下げ

・年収850万円超の人は一律給与所得控除額が195万円となります。

 (年収850万円越=従来は年収×0.1%+120万円⇒195万円

f:id:kyoma0824:20210203171736j:plain

給与所得控除額は、給料収入の所得計算から必要経費のように引くことができる項目です。年収850万以上の方は金額が少なくなったので、増税という解釈です。

 

(確認)基礎控除が10万円引き上げのため、年収850万円以下の人は増税も減税もなしという仕組みになっています。

 

2つ目 所得金額調整控除の創設

年収850万円超の方については、改正による影響があまり大きくならないよう、「所得金額調整控除」というものができました。これは、子育て世帯と特別障害者のいる世帯(本人または家族)に限って、最大15万円の所得金額調整控除額を、給与所得の金額から引くことができる制度です。 

「所得金額調整控除」とは?

年収850万円以上 

(年収ー850万円)×10%【最大15万円の所得調整控除】

【条件】

・本人が特別障害者

・23未満の扶養親族がいる

・特別障害者の配偶者がいる(同一生計)

・特別障害者の扶養親族がいる

 

f:id:kyoma0824:20210105204543j:plain

③年金をもらっている人に関係する改正

改正点の3つ目:年金をもらっている人に関係する改正です。

大きく2つ

1つは公的年金等控除額の引き下げ

公的年金等控除額が一律10万円引き下げられました。合計所得の金額によって計算区分が3つに分けられました。   f:id:kyoma0824:20210203171422j:plain

f:id:kyoma0824:20210203171440j:plain

(確認)公的年金等控除額は、年金収入から所得計算から必要経費のように引くことができる項目です。その金額が少なくなったので増税となります。しかし基礎控除が10万円引き上げられたため、増税も減税もないということです。

2つ目は所得金額調整控除の創設

公的年金収入に加えて給料、アルバイト・パート収入がある方に対して、最大10万円の「所得金額調整控除」が設けられました。

(確認)1つ目の給与所得控除額と公的年金等控除額が10万円引き下げがありましたので、両方所得がある人は、20万円の所得アップになることを避けるために10万円の所得アップですむよう、調整する仕組みとなります。

 

青色申告をしている人に関係する改正

青色申告の人は今年からe-Tax(インターネットを使った電子申告)使用をしないと、青色申告特別控除額が55万円に引き下げとなります。

 

e-Taxで申告しないと増税となりますが、e-Taxを使えば、従来どおりの65万円の控除を受けることができます。

 

e-Taxを始めるには?

e-Taxを始めるには、

マイナンバーカードと

ICカードリーダーを使う方法

 

②IDとパスワードを税務署に発行してもらう

方法の2つがあります。

くわしくは、サイトをご参照ください。

まずしないといけないことは、

マイナンバーカードを取得する

ICカードリーダー

 

私もカードリーダーを早速買いました。還付金も早く帰ってきますし非常に便利です。

 【非接触型】

接触型】

寡婦、ひとり親の人に関係する改正

寡婦、ひとり親の人関係で大きく3つの改正があります。

寡婦寡夫控除」という名称が「寡婦、ひとり親控除」に変更になりました。

 

改正の1つ目

未婚のシングルマザー・ファーザーの人も控除を受けられるようになったことです。従来は結婚していた人でないと、控除がありませんでしたがこれは減税となる改正で、控除額は35万円です。

2つ目

寡夫控除が廃止、「ひとり親控除」に統合。

控除額は従来の27万円から35万円に引き上げられ、減税となります。

3つ目

「合計所得500万円以下」という所得制限ができ、従来は、夫と死別・離婚して子どもか扶養親族のいる人であれば、所得と関係なく、控除を受けることができましたが、合計所得が500万円を超える方は対象から外されていましたので増税となります。

 

⑥配偶者、扶養家族に関係する改正

配偶者や扶養親族がいる人に関係する改正です。

控除の対象にできる家族の所得(合計所得)が10万円引き上げられました。

・扶養控除と配偶者控除は、合計所得48万円以下(改正前38万円以下)

配偶者特別控除は、合計所得48万円超133万円以下(改正前38万円超123万円以下)となります。

ただし、合計所得が10万円引き上げられたが、給与所得控除額も10万円引き下げられたため、対象となる年収は従来と同じです。

具体的には、扶養控除と配偶者控除は給与年収が103万円以下

配偶者特別控除は103万円超201万5999円以下であることが条件となります。

 

 

 

今年の変更点・改正まとめ

f:id:kyoma0824:20210131143249j:plain

フリーランスやシングルマザーの方は減税、

②給与年収が高い方は増税(ケースによって分かれる)

青色申告は、e-Taxを使わないと増税

④所得金額調整控除も創設

 

 

以上がまとめになります。

改正内容についてよく確認をして確定申告をしましょう!

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

最後にクリックしていただけたら嬉しいです♪(^_-)-☆

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

製薬会社いたばさみ管理職の日常 - にほんブログ村