製薬会社いたばさみ管理職のブログ

   製薬業界で生きるサラリーマの日常を描きます。MRの未来を明るくしたい。

4日からUber Eats国内初医薬品のお届けを開始から考える未来

f:id:kyoma0824:20210203142120j:plain

ローソンの発表

 

Uber Eatsも徐々にビジネスの拡充を図っています。

企業としての姿勢は素晴らしいなと思います。

 

まさにコロナの状況で、薬局にも行きたくないといった人もいると思います。

うまくニーズに対応したビジネスだなと感心します。

 

ローソンが2日以下の発表をしました。

 

急な発熱や体調不良にも対応

2月4日(木)より、東京都内の3店舗でUber Eatsでは国内初となる医薬品のお届けを開始

 

2021年2月2日

 

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2月4日(木)より東京都内の3店舗(※)で、新たに日本のUber Eatsでは初めてOTC医薬品の取り扱いを開始します。今後も順次、導入店舗の拡大を行ってまいります。(※)店舗販売業許可を得ている店舗

 

今回の取り扱い商品は、風邪薬や目薬、胃腸薬など第2類医薬品と第3類医薬品の49種類です。専用アプリから取り扱い店舗、ご希望の医薬品を選択すると、必要な説明事項が表示され、確認ボタンのタッチを行って頂く事でご注文が可能になります。店舗では商品を医薬品専用の袋に入れ、登録販売者が確認の上配達員にお渡しします。店舗の医薬品販売時間内での取り扱いとなります。

 

有事と平時を問わず、医薬品が手元にすぐ欲しいというニーズは高く、特に最近では、新型コロナウイルス感染予防のための外出自粛が求められる中、需要が高まっています。

 

ローソンでは、2009年頃より、地域の調剤薬局との連携や登録販売者の育成などの取り組みを行うことで医薬品の取り扱い店舗を拡大し、現在245店舗で取り扱いを行っています。

 

(2020年12月末時点)

 

ローソンは今後も、社会の変化に応じた新しいサービスの導入・展開を行ってまいります。

 

Uber Eatsでの取り扱い医薬品(一例)

【49種類】

・・・「風邪薬」、「目薬」、「胃腸薬」、「皮膚用薬」、「湿布薬」など第2類医薬品・第3類医薬品

 

■2月4日(木)の医薬品取り扱い店舗 ※販売時間は各店舗の医薬品販売時間に限ります

店名

住所

ローソンゲートシティ大崎アトリウム店

東京都品川区大崎1-11-1

ローソン荏原町駅前店

東京都品川区中延5-7-4

ローソン久が原一丁目店

東京都大田区久が原1-12-11

 

Uber Eatsアプリ内での医薬品注文の流れ>

(1)Uber Eatsアプリ内で店舗を選択

(2)購入したい医薬品を選択

(3)注意事項の説明を確認

(4)質問事項に回答

(5)医薬品に関する質問有無を回答

(6)カートに追加

(7)注文確定

 

※医薬品購入に関するご相談は販売店が電話で承ります。

 

=== === === === === === === === === === === === === === === ===

 

【ローソンにおけるUber Eatsの状況】

  • 開始年月日

 2019年8月29日

  • 売上高上位商品(1月度実績)

・1位:「からあげクン レッド」

・2位:「Uchi Café Spécialité 雪溶けショコラテリーヌ」

・3位:「オリジナル 富士山の天然水 2L」

 

  • 取り扱い商品は約350品目

・主な商品:弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類カップ麺、日用品、雑誌など

 

<1月31日(日)時点のフードデリバリーサービス導入店舗数:1,508店舗>

北海道(52店舗)、宮城県(27店舗)、新潟県(7店舗)、栃木県(5店舗)、群馬県(3店舗)、長野県(3店舗)、埼玉県(93店舗)、千葉県(67店舗)、東京都(472店舗)、神奈川県(191店舗)、静岡県(10店舗)、愛知県(78店舗)、富山県(8店舗)、石川県(5店舗)、京都府(48店舗)、大阪府(188店舗)、兵庫県(78店舗)、奈良県(1店舗)、和歌山県(4店舗)、岡山県(11店舗)、広島県(24店舗)、香川県(5店舗)、愛媛県(10店舗)、福岡県(79店舗)、熊本県(15店舗)、大分県(12店舗)、宮崎県(7店舗)、鹿児島県(5店舗)

 (ローソン発表)

 

UberやAMAZOの医薬品物流

実際UberAMAZONのヘルスケア事業における動きも活発化しています。

いずれ日本にも同じような動きが出てくると思っていましたが、処方箋医薬品はハードルが高いので、OTC医薬品から手を付けてくるところが戦略的であると思います。

 

Uber

2020年8月20日Uberは米国で「Uber Health」のサービスを拡大し、処方薬の配達を開始しました。 オンデマンドの処方薬デリバリーを行っている「NimbleRx」と協力することによって「Uber Health」での処方薬配達が可能になったようです。

 

 日本でも、2020年2月に「健康日本堂調剤薬局」や凸版印刷子会社の「おかぴファーマシーシステム」処方箋薬の受け取りできる宅配サービスを試験導入するなど、徐々に広がりを見せています。

処方薬は取り扱いが厳しいためハードルは高いですが、今後さらにニーズが拡大すれば、処方薬の配達が当たり前になるかもしれません。

 

AMAZON

米国では処方薬配達サービスのPillpack(ピルパック)を7億5300万ドル(約785億円)で買収して2年と少し経つが、遂にAmazon Pharmacyを立ち上げた。既にモバイルからの処方薬オンライン注文を受け付けて発送するサービスを開始しています。

アマゾンは2019年に店頭処方薬サービスも開始しています。アマゾンにとって最も広範なヘルスケア事業参入に向けた取り組みで特に現在も続く新型コロナウイルスパンデミックにより、消費者はリモートケアや、買い物にオンラインチャンネルを使うことが多くなっている現状が後押ししています。

 

Uberのとは?

ウーバー・テクノロジーズは米国の配車サービス企業。

また、UberEatsによるレストランからのデリバリー、患者の病院送迎サービス、貨物輸送・宅配サービスなども提供しています。

 

株価

f:id:kyoma0824:20210203144323j:plain

 

概要 ウーバー・テクノロジーズは米国の配車サービス企業。世界各地においてアプリ上での配車サービスを展開し、UberBLACK、UberX、UberPOOLなど乗客数や車種に応じたライドシェアリングを提供する。また、UberEatsによるレストランからのデリバリー、患者の病院送迎サービス、貨物輸送・宅配サービスなども提供する。本社所在地はサンフランシスコ。
英文社名 Uber Technologies Inc
本社所在地 1455 Market Street, 4th Floor San Francisco, CA 94103 USA
電話番号 415 612-8582
設立年月日 2010年7月
代表者名 Mr. Dara Khosrowshahi
業種分類 IT・通信 (IT & Communications)
市場名 NYSEニューヨーク証券取引所
従業員数 26,900人
ウェブサイト www.uber.com

 

日本での事業内容

 

これからの医薬品物流の未来

f:id:kyoma0824:20210130211128j:plain

圧倒的な企業力で既存の市場を破壊していくAMAZONUberの戦略は顧客にとっては非常に有益なものであるが、一企業としては驚異の何物でもない。

 

今回UerのOTC医薬品の配達といった部分がローソンをはじめ全国に拡大していくでしょう。。処方箋医薬品に関しては日本の医療団体・学会があるので大きくは食い込まれることはないと思う。薬価制度もあり勝手に価格を決めれない自由度がないところも日本特有の部分かもしれない。

 

しかし、医薬品物流に手がかけられると今後医薬品卸の仕事が脅かされる可能性もある。そこは国として対策を講じることになると思う。

日本でもAMAZONの物流網は完全に掌握されているといっても過言ではないので、そうなってしまうと恐ろしい未来です。

 

もしUberも処方箋医薬品の配達が可能になれば、患者さんの処方箋を病院から調剤薬局に送付患者さんは家に帰る。

 

uberが後で配達などもできるかもしれない。薬剤説明も医療行為ということで点数を取られているが、点数がいらなければ医師からの簡単な説明で問題ないと言えばそこまでである。

 

しかし日本は色んな組織の都合があるので簡単にはいかないと思うが、想像すると非常に面白い。

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

最後にクリックしていただけたら嬉しいです♪(^_-)-☆

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

製薬会社いたばさみ管理職の日常 - にほんブログ村