製薬会社いたばさみ管理職のブログ

   製薬業界で生きるサラリーマの日常を描きます。MRの未来を明るくしたい。

製薬会社高配当企業:武田薬品工業の2020年4~12月期連結決算発表!

f:id:kyoma0824:20210126202955j:plain

武田薬品工業2020年4~12月期連結決算が発表されました。

 

 現場で薬の売り上げで、業績がいいのか悪いのかはなんとなくわかりますが、決算内容は常に気になりますね。

 

武田薬品工業は言わずと知れた

国内メーカートップの製薬会社です。

 

配当金ランキングもトップをキープしています。

 

製薬会社高配当ランキングベスト10

 

コード 名称 配当利回り 市場 業種17 業種33 決算期末 その他
1 4502 武田薬品工業 4.90% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 大型株コア30, JPX400, 日経225, 東証配当F
2 4569 キョーリン製薬ホールディングス 3.85% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 小型株1000
3 4521 科研製薬 3.62% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 中型株400, JPX400
4 4541 日医工 2.88% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 小型株1000
5 4555 沢井製薬 2.70% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 中型株400, JPX400
6 4517 ビオフェルミン製薬 2.37% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 小型株
7 4547 キッセイ薬品工業 2.34% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 中型株400
8 4503 アステラス製薬 2.33% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 大型株コア30, JPX400, 日経225
9 4554 富士製薬工業 2.27% 東証一部 医薬品 医薬品 9月末 小型株
10 4539 日本ケミファ 2.23% 東証一部 医薬品 医薬品 3月末 小型株

 

 引用:日本株高配当ランキング: 医薬品 | インカム投資ポータル

 

2020年4~12月期連結決算

 

売上高:前年同期比3.6%減 2兆4275億3800万円

消化器系疾患領域などで好調製品もあったが、希少疾病と神経疾患領域のマイナスが響く。為替の影響を除くと1.0%減。

 

営業利益:120.7%増 3587億2900万円

前年同期のシャイアー買収に係る会計処理や統合関連費用から

 

主要疾患領域別売上高

消化器疾患 5888億円(10.4%増)

潰瘍性大腸炎クローン病治療剤「エンタイビオ」3193億円(21.2%増)

酸関連疾患治療剤「タケキャブ」も641億円(15.2%増)

 

オンコロジー 3185億円(0.2%増)

多発性骨髄腫治療剤「ベルケイド」が759億円(16.4%減)

光工場の生産停止の影響を受けた抗がん剤リュープロレリンは753億円(9.0%減)

コロナ禍で利便性の高い経口剤であることが利点となった多発性骨髄腫治療剤「ニンラーロ」が679億円(16.9%)

血漿由来の免疫疾患治療 3130億円(5.6%増)

希少疾病 4467億円(8.0%減)

遺伝性血管性浮腫(HAE)治療薬「タクザイロ」は659億円(34.9%増)

中外製薬の「ヘムライブラ」の市場侵食により、血友病治療剤「アドベイト」が971億円(21.1%減)、「アディノベイト」が438億円(2.3%減)

 

ニューロサイエンス(神経精神疾患)は3151億円(4.7%減)

国内で20年6月に後発医薬品の参入を受けたアルツハイマー病治療剤「レミニール」は66億円(52.8%減)

不眠症治療剤「ロゼレム」とADHD治療剤「ADDERALL XR」が19年7月に米国での独占期間が満了したことや、コロナ禍で外来患者数の減少の影響を受けた製品などもあり減収

 

地域別売上構成比

▽日本=17.9%▽米国=49.0%▽欧州・カナダ=20.6%▽ロシア/CIS=1.6%▽中南米=3.9%▽アジア(日本以外)=4.9%▽その他=2.1%。

 

21年3月期予想を上方修正

21年3月期の連結業績予想の修正を行った。

当期利益を、前回予想から565億円(45.6%)増の1805億円に修正

(理由)現在進行中の組織体制の統合や最適化に関する税金費用が減少することを反映させ、前提税率を見直したことによるものとしている。

 

武田薬薬品工業の株価

f:id:kyoma0824:20210205192700j:plain

f:id:kyoma0824:20210205192715j:plain

 

さいごに

製薬会社はキャッシュフローがあり体力を持った企業が多いと思います。

医療費抑制や薬価引き下げ、医療業界でのビジネスの変化などよくない条件がそろってそうだが、新薬の開発に力を入れ生命関連企業として引き続き貢献していける業種だと思います。

今回のコロナでも医療業界の業績は-5%との試算があります。これは他の業界に比べるとはるかに損失が少ないです。

 

武田薬品においてもここから各段に株価が上がることはないと思いますが、ディフェンシブが業種として持っておくことと、配当目的で持っていてもいい株だと思います。

製薬会社社員は持ち株買いもあり知らぬ間に利益が増えているなんてこともあります。

少ないながら私も武田薬品の株を持っていますが、長期的に手放す気はありません。

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

最後にクリックしていただけたら嬉しいです♪(^_-)-☆

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

製薬会社いたばさみ管理職の日常 - にほんブログ村