製薬会社の仕事:自分の年収推移を振り返える。製薬会社・MRの年収ランキングと実際の収入について

この記事はこんな人におすすめです!
  • これから製薬会社をめざす方
  • 製薬会社に転職を考えている方
  • 現役MRで年収の推移が気になる方

 

お疲れ様です。

いたばさみ管理職です。

いきなりですが、

MRという職業の未来は決して明るいものではないかもしれません。

しかし、一つ言えることは製薬会社(業界)がなくなることは、

人間が健康を追い求める限り「ない」ということです。

そして、MRも0にはならない。AIにはできない仕事はたくさんあります。

といっても人数や領域の再編は今後も多くあり、MRの数は確実に減ります。

が領域ごとでは、まだまだ必要な職業だと思います。

 まぁそう思わないと、毎日やってられません。


是非多くの方に製薬会社に興味を持っていただきたいと日々考えていますが、

本日は「製薬会社MRの年収」について紹介したいと思います。

やはり先立つものがないと、これからMRになる方や目指す方、現役MRの方も仕事や就職に対するモチベーションが上がらないと思ったので書いてみます。

 

(数字的な詳細は資料があるもの以外は、個人の経験によるものなのでご参考までに。)一般的な転職サイトよりかは、リアルな内容であることは間違いありませんが。

 

製薬会社の年収

f:id:kyoma0824:20210126202955j:plain

引用サイトより:医薬品企業の年収ランキング1位~67位【2021年3月最新版】医薬品業界ではあの会社が1560万円で1位に!

 

45歳 平均年収1,000万円以上

業界TOP15社の平均年収は1,097万円 (平均年齢45歳)

(MR活動を施設で見かける会社の平均年収は1,029万円  網掛け1位~7位) 

 

製薬会社ランキング

(従業員1000人以上の製薬会社)

1位 エーザイ

2位 第一三共

3位 武田薬品

4位 アステラス製薬

 

堂々、TVCM組誰でも知っている大手が上位を占めています。

 

f:id:kyoma0824:20210301211835j:plain

引用サイトより作表:医薬品企業の年収ランキング1位~67位【2021年3月最新版】医薬品業界ではあの会社が1560万円で1位に!


ちなみに、
2021年最新データで日本の年収の中央値は240~456万円
厚労省発表令和元年賃金構造基本統計調査
労働人口20代~50代までの年収中央値240~456万円の間)
 


日本の年収中央値と比較してもかなりの給与をいただいているのがわかります。

現職の方、もっとやりがいを持って医療に貢献していきましょう。。。と言いたい。

内資系製薬会社と外資系製薬会社

外資系製薬会社情報がとぼしくランキングはありません。
 私の経験や周りのお話から平均年収域を赤枠線で囲んでいます。(下記画像)
 

f:id:kyoma0824:20210301211835j:plain

外資製薬会社の年収は転職者には手厚いという話は聞きますが、内資大手製薬会社の給与よりかは少ないと思います。(外資平均年収予測800万〜1000万)

 

(手当の面で変動がありますので「内資がいい、外資がいい」とは一概に言えません。MR同士の飲み会でも話題になりますが、手当制度も各社一長一短があります。)


外資系製薬会社は人によって転職時の割り増しなどかなり違う部分はあり、平均年収域は恐らく大きくは外れていないと思います。

(外れている人いたらごめんなさい)
 

製薬会社の年収推移

f:id:kyoma0824:20210207111805j:plain

年功序列で昇給した世代が少なくなり、給与水準がこれでも下がってきていると思います。

その分、若くてもキャリアアップ(昇進・昇格)が早ければ年収もどんどん上がっていく業界ではあります。

しかし限られた人材にしかリソースは与えられない風潮は強まってきているので格差が出てくることは間違いないです。
 
これは印象ですが、まだ内資系製薬会社の方が外資系と比べて、給与の昇給幅やボーナス(インセンティブ)の振れ幅は小さいように思います。

 

まだ年功序列の名残が残っているのかもしれません。
 

年代別年収推移

自分の年収推移(日当・手当は別)
 
1年目           400万円
3年目           500万円    
5年目      700万円
7年目      780万円
10年目        850万円

現在(管理職)1000万円~1300万円(ボーナス変動)

と記憶の中のイメージではこういった推移です。

製薬会社の中でも差があるので何とも言えませんが、まだ昇給や昇格に関しては優遇されていて良い時代だったのかもしれません。

(ちなみに新人から製薬会社ですが、転職経験はあります)

 

年収=収入ではない

f:id:kyoma0824:20210207111816j:plain

給与以外に手当てというものがあります。
これは製薬会社間でも大きく違い点が特徴です。

 

正直こればっかりはその会社に入ってみないとはっきりしたことはわかりませんが、

経験から紹介させていただきます。

(その会社特有の呼び方などもありますので総称の相違等あります。)

・外勤日当手当

1日1,000円~4,000円 月70,000円以上の場合もある
多ければ年間 約80万円以上にもなります。
 
しかも非課税です。
最近は新型コロナによる訪問制限等で日当の取得は減っているのかもしれません。
 

・営業手当


営業手当は日当手当と同じ会社もありますが、別々の会社もあります。

営業手当は課税対象で毎月給与計上されて明細に記載される会社も多いのではないでしょうか。

MRは基本みなし労働制度の働き方です。
時間外手当が通常業務では出ないのでその代わりに営業手当がある会社もあります。


金額は会社によってもかなり違うようです。
(いくつかの会社を受けたとき月1万円~8万円ぐらいの幅は確認できています。)
これだけでも約10〜100万円ぐらいになります。
 
外資系製薬会社は時間外手当の概念がなく、営業手当が適応され金額も高いような印象がありますが、はっきりしたことは言えません。
 
会社によっては、

営業手当+日当+時間外手当(業務内容による)すべてが支給されることもありますので、平均年収が低くても手当で実質収入はあまり変わらないなんてことがあるかもしれません。

・時間外手当(残業手当)


会社の指示事項における業務(会社によっても違う)に対しては時間外手当が支給されるケースが多いと思います。休日出勤等も時間外に当たるケースが多いと思います。
時間や1日当たりの金額で計算される会社が多いと思います。(1万円~3万円)
 
昔に比べるとサービス残業はなくなっているかもしれません。過去に早朝や夜、内勤時間を行うさい勤怠管理をごまかしていた会社に労働基準監督署が入り指導があったケースがあります。
 

・住宅補助手当(借り上げ借家手当とは別)


住宅を自己所有している人への手当て(賃貸契約を個人でいしている人への補助)
住宅手当は会社によっては給与に組み込まれているパターンもあると思います。
会社によってかなり金額にも格差があるようです。(1万円~5万円)
 

・ご当地の手当て(寒冷地手当など)

豪雪地帯での雪かき等の手間賃

光熱費の補助費として

(数千円~約5千円)

 

・内勤手当

最近はコロナで在宅勤務を行うケースも多いですし、オフィスをなくした会社は支給をしているのではないでしょうか。電気代等の支給の代わりだと思います。
 
これは各社違いが大きいのではないでしょうか。
 

福利厚生

・借り上げ借家制度(呼び方は色々ある)


全国転勤族のMRは住まいには何不自由しません。
行く先々で自分の好きな家に住むことができます。(広さや金額の上限がある会社もある)

 

地域ごとで金額が決まっていて、自己負担が1万円~4万円あたりが相場ではないでしょうか。
なにげにこの借り上げ制度がMRの最大のメリットかもしれません。

 

100万円から地域によっては200万円近くを会社が負担してくれる。素晴らしい制度です。
 
最近は会社によってはランニングコスト削減で制度を廃止しているところもありますので、MR全員が恩恵を受けているわけではないかもしれません。
 
しかし適応されていうMRはこれだけでも年収が100万円以上変わってくるのです。

ありがたいですね。
 

その他お金に関わる部分

f:id:kyoma0824:20210207111842j:plain

・自社株買い制度

これは制度の形は違えど内資系製薬会社で多くある制度だと思います。
自社株を1株単位で購入することができて、月々もしくはボーナス時に積み立てができます。

 

配当金はもちろんもらえる仕組みになっていますので、昔の先輩方は40年近く積み立てて、定年時に売却して「億」なんて金額を得た方も何人も見ました。
 
しかも会社によっては、相場の株価より数パーセント安く購入できたり、何パーセント上乗せで購入できたり優遇されている会社もありました。


今は終身雇用は難しい時代ですが、自社株買いはメリットが大きいと思います。
 
あと外資系製薬会社であるのが「株式保有の権利」を取得する「ストックオプション制度」もあると思います。これは保有株をいつでも売買できる権利をいただける制度です。
 

さいごに

f:id:kyoma0824:20210209125936j:plain

MRの平均年収が掲載されているサイトはいくらでもありますが、

実際MRの収入詳細はっきりしない部分があります。

 

単純に手当ても組み入れて考えてみましょう。
 

TOP10製薬会社の場合
45歳 平均年収1,000万円
+日当 年間約80万円
+営業手当 年間約50万円
+時間外手当 年間約30万円
+借り上げ制度約100万円もしくは住宅手当約40万円

 

ざっくり見積もり

 

=年収総収入(税引き前):約1200~1300万円
 
これは管理職でなく、平社員でのこれぐらいの収入になります。
 
あくまでも私が経験した会社や他社のお話を参考に書かせていただきました。


恐らく今現在はそこまでよくないかもしれませんが、大きくは外れていないと思います。

 

MRの方やこれからMRになる方、MRを目指す方のモチベーションが上がればうれしいです。


ではでは