製薬会社のノルマについて:BMW日本法人過剰なノルマ設定ニュースから考える。

お疲れ様です。

いたばさみ管理職です。

 

本日、BMW日本法人で過剰なノルマ設定(販売店に買取を強いる)のニュースを見て

製薬会社に勤めていて思ったことを書きます。

 

 

f:id:kyoma0824:20210222164948j:plain

BMWのノルマと製薬会社のノルマ

 

今回BMWのニュースを見てこういったケースは氷山の一角だろうなと感じます。

過当競争の資本主義の世の中で仕方ないのかもしれません。

 

BMW独占禁止法違反の内容

公正取引委員会はおととし9月、BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」が国内の複数の販売店に対して過剰なノルマを設定し、売れ残った場合には店に新車を購入させていたなどとして独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査しました。

引用先:BMW日本法人 公取委に再発防止策 過剰なノルマ設定か | NHKニュース

 

売店は「登録済み未使用車」が増えると負担額が膨らむため、販売ノルマを達成できても、メーカー側からボーナスが出ても赤字になるケースがあるということです。

 

このシステムと行為は全くの本末転倒な話だと思いますし、「利益」や「社員」のモチベーションを落としてまでも「評価」を取りに行こうとしている忖度が問題です。

 

今回、公取協による検査が入り、おそらく他社も改善されると思います。

 

ありえない話ですが、

製薬会社に例えるなら「売れなかった薬剤の購入を自らしたり、顧客の薬剤購入を肩代わりする」ようなシステムです。 

 

製薬会社のノルマ

 

「ノルマ」「目標」「予算」色んな言い方をする会社もあると思います。

確かに製薬会社のノルマは厳しいです。

 

しかし厳しさの種類は色々あります。

 

厳しさの種類

  • 会社(上司)からのプレッシャー
  • 営業所や個人のボーナス変動に直結するプレッシャー
  • 病院や調剤薬局さんに納入するプレッシャー
  • 納入をしていただく卸さんへのプレッシャー
  • 患者さんがいないことには薬剤が出ないというプレッシャー

といったところでしょうか。

 

やはり「会社(上司)からのプレッシャー」を一番感じるのは製薬会社も同じです。

しかしそれを乗り越えれば、ノルマに対するストレスは軽減できると考えています。

 

ボーナスが下がると言っても、昔ほど変動もなく0円になるというケースはそれほど多くはないと思います。金銭的ストレスダメージは少ないでしょう。

 

しかも車や家電とは違い、何もしていなくて目標未達はありますが、薬剤売り上げ「0円」なんてことはありません。

 

よく勘違いされがちなのは、「ノルマが達成できないとクビだ」といったドラマみたいな話があると思われていますが現実にはありません。

 

過去には会社や上司からプのレッシャーにより自殺までしたケースがあったこともありましたが、今では考えられないです。

 

さいごに

f:id:kyoma0824:20210215204342j:plain

 結論的には

ルマに関して会社からのプレッシャーはあるにせよ、その種類をうまくとらえて受け流すことができれば製薬会社は「ホワイト企業」であるということです。

 

ある意味、寄生虫のように生きながらえることもできますし、バリバリ頑張れることもできる、選択肢を得ることができる良い環境だと思います。

 

色んなデータを見ていても新型コロナ禍における打撃は「金融」と「製薬」以外の業種はもろに受けていると思います。

 

訪問規制等における活動制限を受け活動がが減っている中でも給与をいただけることに感謝しないといけません。

 

こんな状況ですが最低でも自己研鑽・スキルの向上に努めたい考えていますし、多くのMRにもそう考えて欲しいなと思います。

 

油断しているとみんなも私もバッサリと退路を断たれているかもしれません。

 

ではでは